良好な人間関係を築きたいなら

看護師として働いていると様々な問題や悩みに直面しますが、中でも、人間関係の悩みを持った看護師も多いのではないでしょうか。
看護師の人間関係は看護師長を頂点とした完全なる縦社会になっています。
勤務する病院にもよりますが、看護師長の下に病棟師長や病棟副師長がいる場合もあるでしょう。
看護師として生きていくには、師長や病棟師長と良好な人間関係を築く必要があります。

役職が無い看護関係の職種でも、国家資格の有無によって、そこにはかなりの差が出てくるでしょう。
中には、師長や病棟師長と良好な人間関係を築きながら、スタッフとも上手に付き合っている人もいます。

しかし、看護の世界は一般的な会社や行政機関よりも女性が多い社会のため、一般的な会社よりも人間関係が複雑な場合がほとんどです。
看護師には、そのような職場の環境に耐えるだけのタフさが必要になります。

さらに、勤務する職場によって職場の雰囲気が異なり、外来やクリニック勤務の場合、命に関わることは少ないですが、総合病院や救命救急センター勤務などの場合、一つ間違えると命に関わるケースもあるため、その分、指導する立場の看護師が厳しいことも多いでしょう。

また、総合病院や救命救急センターなどでは、働いている人の年代も様々なため、ライフスタイルや価値観も多種多様といえます。
特に年代が違う場合には何を考えているのか分からないことがあり、それだけでもかなりのストレスを抱えてしまうかもしれません。
総合病院や救命救急センターに勤務する際は、以上のようなことに注意しておくと良いでしょう。