看護師が直面するクレーム問題の解決法

医療現場で働いていると、看護師が悩みに直面することは珍しくありません。
患者からのクレームに問題を抱えている看護師は多いです。

看護の仕事は患者と接する機会が多く、クレーム対応も業務内容の一つとして挙げられます。
クレームへの対処を誤ると患者とのトラブルになるケースも多く、看護師にはクレームへの高い対応力が欠かせません。
まずは言葉遣いや態度など、患者と接する際の姿勢について見直す意識が大切です。
看護師本人は誠実にクレーム対応しているつもりであっても、言葉遣いや態度が相手に不快感を与えている可能性があります。
そこで普段からどのように患者に接しているのかを具体的に振り返ってみて、何らかの問題部分に心当たりがあるなら見直しが必要です。

加えて上手く患者からのクレームに対処するため、一人で問題を抱え込まない事も大切なポイントして挙げられます。
看護師が一人で対処できるクレーム内容には限界があり、周囲の人たちの協力を得ながら対応した方が問題を解決できる可能性が高いです。
そのためもし患者からクレームが寄せられた場合には、その情報を職場のスタッフ間で共有し解決方法を考えた方が上手くいきます。
職場によっては患者からのクレームに対して看護師がどのように対応するのか、マニュアル化されているケースも珍しくないです。
クレーム対応のマニュアルをあらかじめ読み込んで対処すれば、一人で悩みを抱えるような問題は避けられます。